ラブグラの効果とは

111122023853-couple-bed-story-top

女性用バイアクラの効果とは|ラブグラの副作用

バイアグラと聞くと男性用のイメージが強いものですが、女性用のバイアグラがあることをご存じですか?女性のみなさんのなかで、不感症や絶頂不全などの悩みを持つ方も実は多いそうです。そこで、最近、注目されているものが女性用バイアクラです。

ラブグラ(女性用バイアグラ)の効果効能
女性用バイアグラは1998年に、性的悩みを持っている女性のために承認されました。女性用バイアグラには一般的に不感症や絶頂不全を改善するもの、性器の潤いをアップさせるもの、神経伝達物質を刺激して興奮作用のあるドーパミンを分泌させるものがあります。性交渉の途中で膣内・外陰の血流が悪くなり男性側の中折れを誘発することも軽減され、不感症や絶頂不全といった女性に多い性交における悩みが解消されます。

ラブグラには男性用のED治療薬バイアクラと同じ主成分シルデナフィル配合されており、女性の性的な欲求や快感を満足させるために開発された女性用のバイアクラです。主成分のシルデナフィルは、腸から吸収するため空腹時の服用をオススメします。 この薬を飲むことで、男性用のバイアクラ同様に血流促進作用が、PDE-5という酵素を阻害する作用がありクリトリスや女性器周辺の毛細血管の血流を増加して敏感にさせて不感症や絶頂不全などの悩みを持つ方に効き目があります。ラブグラにより血流を促進することで膣内の潤いが増し、挿入の際に感じる痛みがなくなり性的快感を感じやすくなとともに、興奮や高揚感をもたらします。パートナーとの愛情を深めるために、または旦那様との夜の営みを刺激的に楽しむために、ラブグラをお試しになることをお勧めします。

女性のバイアグラの服用は、不感症の改善にも効果的です。不感症とは、性行為における性的刺激に対して、興奮も覚えない状態を指します。性行為において「性器が濡れない」、「性的快感を得られない」、「オーガズムに達しない」という女性が非常に多いというのが現状です。

ラブグラ(女性用バイアグラ)の服用方法
血流をよくする為の女性用バイアグラは男性用バイアグラと同じ様に必要な時だけ服用します。性交渉を行なう約30分~1時間前に、本剤を1錠、水または温めのお湯で服用してください。遅くても1時間以内には効果が現れるのでセックスをする時間などを考慮して、逆算すると服用する時間もわかりやすいでしょう。経済的にも大変お得になりますので、まずは半分に分割してからの服用をお勧めいたします。出来るだけ空腹時に服用するようにし、食事をする場合は食前の空腹状態で先に服用し、食事は脂肪分の多いものを避けるようにしましょう。

ラブグラ(女性用バイアグラ)の副作用
1度服用した後は、次の服用まで最低24時間はあけてください。
皮膚発疹などのアレルギー症状、顔のほてり、血管の拡張作用による頭痛、動悸、血圧低下によるめまい、消化不良が報告されています。 その他には、鼻づまり・視覚異常・興奮・不眠・下痢などの症状があります。
あまりにも副作用が重い場合は、かかりつけの医師へご相談ください。
媚薬のように極端に感度がアップするお薬ではありません。